社労士・行政書士
社労士・行政書士ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
各種届出
開業に伴い各種届出等を提出しなければなりません。これらのほとんどには提出期限がありますので、期間内に提出する必要があります。
税務署・都税事務所
法人設立届出書、開業届出書、青色申告の承認申請書、棚卸資産の評価方法の届出書、減価償却資産の償却方法の届出書、給与支払事務所等の開設届出書、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書、青色事業専従者給与に関する届出書(親族を雇用した場合)
事業開始等申告書(地方公共団体により異なる)

社会保険事務所
健康保険・厚生年金保険新規適用届及び新規適用事業所現況書、被保険者資格取得届、被扶養者届
(法人の場合必須、個人事業でも該当する場合あり)

労働基準監督署
適用事業報告、労働保険関係成立届、労働保険概算保険料申告書
(労働者を雇用した場合)

公共職業安定所
雇用保険適用事業所設置届、被保険者資格取得届
(労働者を雇用した場合)

設立条件、労働者数等により、別途届出等が必要な場合がありますので、ご注意下さい。

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

定款
定款は会社の憲法だと言われています。記載事項は、必ず記載しなければならない絶対的記載事項、記載しなければ有効とならない相対的記載事項、任意に定めることができる任意的記載事項の3グループに分かれます。

株式会社の場合
絶対的記載事項
商号(会社の名前)、目的(事業内容)、本店の所在地、会社が発行する株式の総数、会社の設立に際して発行する株式の総数、公告方法、発起人の氏名・住所
相対的記載事項
変態設立事項(現物出資等)、株式の譲渡制限、取締役の任期延長、株主総会・取締役会の招集の場所・決議方法、その他
任意的記載事項
営業年度、定時株主総会の開催時期、株主総会の議長、取締役・監査役の員数、役員報酬の決め方、配当金の支払い時期、その他

有限会社の場合
絶対的記載事項
商号(会社の名前)、目的(事業内容)、本店の所在地、資本の総額、出資一口の金額、社員の氏名及び住所、各社員の出資口数
相対的記載事項
現物出資、財産引受、設立費用、代表取締役、監査役、その他
任意的記載事項
営業年度、定時総会の開催時期、社員総会の議長、役員の任期、その他

テーマ:行政書士 - ジャンル:ビジネス

労働条件明示事項
労働者を雇用する場合、労働条件を書面で明示する必要があります。労働条件明示事項の内容は、就業規則の内容と重複する部分がかなりあります。明示事項は必ず明示しなければならない絶対的明示事項と定めがある場合に明示しなければならない相対的明示事項に分かれます。

絶対的明示事項
労働契約の期間に関する事項
就業の場所、従事すべき業務に関する事項
始業および就業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇、労働者を2組以上に分けて交替に就業させる場合における就業時転換に関する事項
賃金(退職手当および臨時に支払われる賃金等を除く)の決定、計算および支払の方法、賃金の締切りおよび支払の時期、昇給に関する事項
退職に関する事項

相対的明示事項
退職手当の定めが適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算および支払の方法、退職手当の支払の時期に関する事項
臨時に支払われる賃金(退職手当を除く)、賞与等、最低賃金額に関する事項
労働者に負担させるべき食費、作業用品その他に関する事項
安全および衛生に関する事項
職業訓練に関する事項
災害補償および業務外の傷病扶助に関する事項
表彰および制裁に関する事項
休職に関する事項

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

不利益変更
今後の就業規則変更において、不利益変更の問題が発生する場合が考えられます。その1つが適格退職年金廃止に伴う、退職金規定の変更です。積立不足による退職金規定の変更が考えられますので、早期に解決する必要があります。


就業規則の作成・変更においては、労働者の過半数で組織する労働組合等の意見を聴き、その意見書を添付しなければなりません。しかし同意までは必要とされてはいません。そこで就業規則の労働者に対する不利益変更が発生するような場合において、その有効性の問題が発生します。
原則として労働者の同意を得ない、一方的な不利益変更は無効となります。しかし有効となる場合もあります。その条件は下記のようになります。

 ①労働者が被る不利益の程度
 ②使用者側の変更の必要性の内容、程度
 ③変更後の就業規則の内容自体の相当性
 ④代償措置その他関連する他の労働条件の改善状況
 ⑤労働組合等との交渉の経緯、他の労働組合または他の従業員の対応
 ⑥同種事項に関する我が国社会における一般的状況等
上記の事情を考慮して、合理性判断をすべきであるとしています。

上記の内容は、大曲市農協事件・第四銀行事件で最高裁が示した内容を整理したものです。そしてこの中で賃金、退職金等の労働者にとって重要な権利、労働条件に関し、実質的な不利益を及ぼす就業規則の作成・変更は、不利益を労働者に法的に受忍させることを許容できるだけの高度の必要性に基づいた合理的な内容の場合において、その効果が生じるべきであると判示している。
このことから合理性がある場合の就業規則の変更は有効となります。

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

服務規程
リスク防衛型就業規則の1つが、服務規程の制定です。服務規程の制定により、企業リスクの減少を図ります。従業員のモラル及び企業としてのコンプライアンス体制の維持向上を目指します。服務規程の内容は、次のようなものです。 服務規程の内容
服務規程 内容
職場規律の維持義務 出退勤時間及び休憩時間の厳守、職場の風紀秩序維持、
セクハラ行為の禁止等
指揮命令の遵守義務 職務中の指揮命令の遵守等
報告義務 職務に関する事件・事故等の報告義務
施設設備保全義務 事業財産の取扱注意及び持ち出し禁止等
名誉維持義務 信頼・信用を傷付ける行為の禁止
機密保持義務 在職中に知り得た職場及び取引先等の秘密漏洩の禁止
二重就業の禁止 許可なく他社での就業または自営業の禁止
個人的な経済行為の
報告義務
自己破産等の報告義務
(自己破産が事業運営に影響する場合)
競合避止義務 退職後一定期間の同業他社または開業の禁止
なお発明(知的財産権)に関する業務が行われる場合、職務発明に関する規程を定めることにより、従業員とのトラブルの防止やモチベーションの向上を図ることができます。 自己破産や競合避止義務については、プライバシーや法令等の関係から慎重な対応が必要です。

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

copyright © 2018 社労士・行政書士 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。