FC2ブログ
社労士・行政書士
社労士・行政書士ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定款
定款は会社の憲法だと言われています。記載事項は、必ず記載しなければならない絶対的記載事項、記載しなければ有効とならない相対的記載事項、任意に定めることができる任意的記載事項の3グループに分かれます。

株式会社の場合
絶対的記載事項
商号(会社の名前)、目的(事業内容)、本店の所在地、会社が発行する株式の総数、会社の設立に際して発行する株式の総数、公告方法、発起人の氏名・住所
相対的記載事項
変態設立事項(現物出資等)、株式の譲渡制限、取締役の任期延長、株主総会・取締役会の招集の場所・決議方法、その他
任意的記載事項
営業年度、定時株主総会の開催時期、株主総会の議長、取締役・監査役の員数、役員報酬の決め方、配当金の支払い時期、その他

有限会社の場合
絶対的記載事項
商号(会社の名前)、目的(事業内容)、本店の所在地、資本の総額、出資一口の金額、社員の氏名及び住所、各社員の出資口数
相対的記載事項
現物出資、財産引受、設立費用、代表取締役、監査役、その他
任意的記載事項
営業年度、定時総会の開催時期、社員総会の議長、役員の任期、その他
スポンサーサイト

テーマ:行政書士 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 社労士・行政書士 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。