FC2ブログ
社労士・行政書士
社労士・行政書士ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
労働条件明示事項
労働者を雇用する場合、労働条件を書面で明示する必要があります。労働条件明示事項の内容は、就業規則の内容と重複する部分がかなりあります。明示事項は必ず明示しなければならない絶対的明示事項と定めがある場合に明示しなければならない相対的明示事項に分かれます。

絶対的明示事項
労働契約の期間に関する事項
就業の場所、従事すべき業務に関する事項
始業および就業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇、労働者を2組以上に分けて交替に就業させる場合における就業時転換に関する事項
賃金(退職手当および臨時に支払われる賃金等を除く)の決定、計算および支払の方法、賃金の締切りおよび支払の時期、昇給に関する事項
退職に関する事項

相対的明示事項
退職手当の定めが適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算および支払の方法、退職手当の支払の時期に関する事項
臨時に支払われる賃金(退職手当を除く)、賞与等、最低賃金額に関する事項
労働者に負担させるべき食費、作業用品その他に関する事項
安全および衛生に関する事項
職業訓練に関する事項
災害補償および業務外の傷病扶助に関する事項
表彰および制裁に関する事項
休職に関する事項
スポンサーサイト

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 社労士・行政書士 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。